離婚する際の慰謝料問題を解決|プロの弁護士にお任せ!

離婚すれば解決か

男性

夫婦関係に問題を抱える夫婦は少なくありませんが、修復の可能性があるうちはすぐに離婚だと言うのではなく、専門家のアドバイスを受けたりしながら話し合うことが大事です。思わぬきっかけで修復できるかもしれませんし、話し合うことで自分を見つめなおす機会にもなります。

More Detail

確定申告の手続き

ガベル

税務担当者のいない中小企業にとって、港区の税理士の力を借りる事は経営をスムーズに進めるためには必要不可欠です。確定申告だけでなく、日頃の税務処理についても協力を仰ぐことができますので、税理士の力を最大限に活用してください。

More Detail

結婚生活に終止符を打つ時

男性

離婚はまず夫婦で話し合いを行い、それでも合意できない時は調停を行います。調停でうまく行かない時は裁判となり、弁護士に相談することになります。この場合は離婚専門の弁護士に相談すると、予算に応じて手続きをしてもらえます。また弁護士に知り合いがいない場合は公共施設や法テラスを利用するのがお勧めです。

More Detail

交渉事はプロに頼ろう

法律書

相場はあるようで無い

離婚となった時、揉めることの一つにお金の問題があります。有責でなければ財産分与だけになりますが、それでもお互いの収入の差や不動産の有無などで話し合うことは山のようにあります。さらに不倫、DVなどの有責事項があれば慰謝料の話も出てきますし、子供がいれば親権と養育費の話もあります。決めるべきことが大量に有りすぎて、だからこそ離婚は結婚の何倍ものエネルギーを使うと言われているのです。そもそも慰謝料については相場が有って無いようなものです。大体の目安は無いわけではないのですが、有責の内容にもよりますし経済力にも大きく左右されます。有名人の離婚の際に報道される慰謝料がとんでもない金額なのは、それだけ稼いだからなのです。

自分に有利な着地点を

しかし慰謝料にしても親権にしても、話し合わなければ何も決まりません。かと言って離婚すると決めた相手と延々顔を合わせ続けるのも嫌なものです。ですから交渉のプロである弁護士に頼ることをおすすめします。弁護士は離婚に関する法律や判例も熟知していますから、適切なアドバイスをくれます。正式に依頼すれば自分の代わりに交渉の席についてもらうことも可能です。法律がある以上ある程度の制限はありますが、可能な限りで依頼主の希望する着地点に近づけるよう努力してくれます。また離婚するまでの間に何をするべきか、何をしたらよくないかなども教えてくれるので何かと頼りになります。と言っても弁護士にも相性が有りますから、まずは相談をしてみるとよいでしょう。